2022年1月14日金曜日

 こんにちは、校舎長の鈴木です。

 
明日はいよいよ共通テストですね。
 
今までの努力は必ず報われます!
 
今日は早く休んで明日に備えて下さいね♪
 
校舎からスタッフ一同応援しています!!

2022年1月7日金曜日

受験の心得

明けましておめでとうございます!

アドバイザーの米田です。

今年もこの時期がやって参りましたね!受験生向けに

“受験の心得”を伝えますね!



まず、受験とは勝負です。

合格する者がいれば不合格になる者もいます。

その中で大切になってくることが勝負力です。

勝負力をつけるためには、まず一番大切なことは、マインドの持ち方想定力です


これまでいろいろな対策をしてきたと思いますが、本番はまた別物です

当然、解ける問題も解けない問題もあります。その時に、動揺してしまう』か、割り切れる』かで、差がつきます。


想定していれば、割り切って次の問題にいけるでしょうし、そうでなければ、引きずってしまい、次の問題に100パーセントの集中力で臨めません。

難問が出ると、当然その問題の正答率は下がります。

つまり、その問題に対しては、自分だけが解けないのではなくて、他のライバルも解けていないのです。


試験中、自分だけが追い込まれているのではなく、ライバルも同じ状況、もしくはライバルの方が追い込まれているかもしれません。

人は追い込まれる状況になると、自分のことしか見えません。

(もっといえば、マイナス部分にしか目がいかない。プラス部分もあるのに、そっちには目がいかない。)不安・心配という“感情“がそうさせるのです。


そういった時の改善策は、

一度手を止めて、周りの受験者の様子をみることです。(もちろん不審に思われない様に 笑) 

余裕をもって臨んでいる受験生もいますが、ほとんどが必死で焦っているでしょう。なので、追い込まれているのは、自分だけではないということを知ってください。


不安という“感情”に覆われているだけなので、そのことを理解することが大切です。


もう一つは、8割をとるためには、当然ですが2割、間違わなければ成立しません。

試験中は、8割を取ることに必死すぎて、気持ちが前のめりになります。

そういった時は、“中立”を保つためにあえて、”2割まちがってやろう!”という割り切りの良さが大切です。

解けなかった問題が気になって、不安になっているようではその時点で、100%の集中力”で臨めません。

 

大切なことは、

実力はもちろん大切ですが、実力があっても、出し切れる受験生、出し切れない受験生の差は、こういった解釈のです


肩の力を抜いて、リラックスした方が、判断力は上がります。

究極形、理想形は、その状況を、“楽しめる”かです!

“楽しめる”ようになるには、マインドが強くなくてはなりません。

良かったら参考にしてくださいね!




2021年12月29日水曜日

奈良県立医科大学について

 こんにちは!!あべの校AAの植村です!

今回は奈良県立医科大学について紹介したいと思います!

 


私は看護学科一回生で、まだまだ知らないことも多いと思いますが雰囲気をお伝え出来たらなと思います!!

 

まず、医科大なので医学科と看護学科しかなく、他の大学に比べたら規模は小さいです。その分、学年全体で交流が多く(看護同士はもちろん、医学科ともグループワークがある!)友達が多くできます!

 

基本的に校舎は古いですが、看護学科棟は新しく立て直されていて綺麗です。

新しいキャンパスもいつから使えるかは分かりませんが、できる予定なので入学したら綺麗なキャンパスで勉強できるかもしれないですよ!


併設されている病院にはドクターヘリが設置されているので授業中にヘリの音が聞こえたり、飛んでいるところを近くで見ることができたりするのも特徴です!


また、どこの大学でもそうだとは思いますが、一年のうちから病院実習や演習を行います。病院実習のときは他大学ではスーツでいくのが普通ですが、奈良医大では私服で良いことが特徴です。

 

大学の近くには、今井町という歴史的な街並みがありそこで空きコマに友達とご飯に食べに行くことが多いです。

少し遠いですが大和八木駅まで行くとご飯屋さんが多く、学校終わりの晩御飯を食べに行くこともあります!

 

まだまだお伝えできることもあるので、分からないことがあればオープンキャンパスや学祭に行ってみてください!

私にも答えることが出来るものもあると思うので是非聞きに来てください!



2021年11月28日日曜日

同志社大学今出川キャンパスの紹介

こんにちは!AAの高橋です。

同志社大学二回生の私が、同志社大学今出川キャンパスについて紹介していきます!

ご飯が食べられる場所や勉強スペースのことなどを話していきます。

少しでも同志社今出川キャンパスの雰囲気が伝わればうれしいです


 



今出川キャンパスには、いくつか建物がありますが、授業の大半が一番大きくて新しい良心館で行われます。だから自然と学生は良心館に集まります。特に一階のラウンジは友達で集まって休憩する人、オンライン授業を受ける人、ご飯を食べる人などでいつも賑わっています!

 

 

静かな場所で課題をやりたいときは、ラーニングコモンズに行くことが多いです。新しくてきれいで、コピー機やパソコンも借りられます。私の友達はオープンキャンパスでラーニングコモンズを見学して、同志社に行くにを決めたと話していました!() 改札みたいな機械に学生証をかざして部屋に入るのに感動したそうです!

 

 

お昼が食べられる場所もいくつかありますが、よく行くのは二つある食堂です。良心館にある食堂は広いけど混んでいることが多いので、オススメは明徳館の食堂です!ここの食堂は唐揚げ定食とオムライスの専門なのですが、どちらもボリューム満点でとっても美味しいですよ

 

 

大きな道路をはさんで良心館の向かい側の寒梅館には、アマークというカフェもあります。アマークでは食堂よりもうちょっとお洒落なものも食べられます!ランチメニューのチーズのかかったチキンが美味しかった!お昼のピークが過ぎるとパフェも注文できます。テスト期間の終わりに食べに行く人が多い印象です!

 

こういうご時世でオープンキャンパスに行きづらいし、いざ行ってみても建物の中をほとんど見せてもらえなかった、、、という話も聞くので、この内容が訳に立てばうれしいです。最後まで読んでいただきありがとうございました!さよなら~👋



2021年11月21日日曜日

感謝する気持ち!

みなさん、こんにちは!

アドバイザーの米田です。

 

今回は、ここ最近、マナビスの受験生を見ていて気付いたことを伝えますね!

季節も11月中旬に入り、受験シーズンが近づいてきましたね!


 




その中で、不安、心配になってメンタルを崩す受験生を見ます。

これまで毎日勉強してきて、直前になって合格できるのかと思い不安、心配になりますよね!

 

 

そんな時は、みなさんに気付いてほしいことがあります。

 

それは、今どんなに苦しい状況でも、


この平和な先進国の日本で、自分の将来に向けてチャレンジできる環境に、“感謝”してほしいんです。

 

日本で、ご飯を食べる、学校にいく、好きなことができることが当然の様で、“当たり前”のことに思ってしまいますよね。


でも、その“当たり前”のことが、“とても幸せなこと”に気付いてほしいんです!

 

世界の発展途上国や、独裁国家などでは、毎日のご飯を食べていくことさえ大変です。

その大変なことを日本では、“当たり前”のことと捉えています。

 

今、“当たり前”の生活を送れていて、その上、自分の将来ための勉強が出来る環境がみなさんには与えられているんですね!

 

なので、不安、心配などメンタルへこんだ時は、今の現状に“感謝”することを大切にしてください!


そうすれば、今悩んでることは、“幸せな悩み”だと気づくと思います☆彡

良かったら参考にしてくださいね!




2021年11月1日月曜日

過去問の大切さ!

みなさん、こんにちは!

アドバイザーの米田です。

 

今回は、過去問の大切さを伝えますね!



受験生のみなさんは、これからインプットした知識を
アウトプットしていく大切な時期になります。

 

特に、11月は、私立大学の公募推薦入試があります。

受験する方は、志望大学の過去問を徹底的に対策してくださいね!

 

公募推薦入試を“本命受験”、“抑え受験”として受ける方、様々ですが、

対策として、

1カ年~3カ年ではなく、最低でも、5カ年以上はしましょう!


近年、問題傾向が多少変更されている大学もありますが、ほとんどの大学は変わっていません。

 

過去問対策する理由は、


出題問題の傾向、内容、難易度、時間配分を知るためです。

同じ大学でも、年度によって、難しい問題、簡単な問題、合格最低点が違ったりします。

そういった出題問題を多く知ることで、合格率が上がります。

 

数年前の生徒の話ですが、

第一志望の同志社大学に合格して、第三志望だった近畿大学は不合格になった生徒がいました。


その生徒は、近畿大学の過去問を3カ年もしていませんでした。

きっちり対策していれば合格できたと言っていました。

なので、“本命受験”、“抑え受験”、関わらず、過去問対策はとても大切です。

 

みなさんも、志望大学を“知る”ということを大切にしてください!


知るためには、準備を大切にして、対策をきっちりして、合格を掴んでくださいね☆彡



2021年10月22日金曜日

模試で悩んでたらプラトー現象!

こんにちは!

アドバイザーの米田です!


受験生のみなさん!

この時期、模試をたくさん受けているのではないでしょうか?
これまでの努力が、きれいに結果に出たら言うことないですよね。
でも、なかなか出ないこともありますよね。
そういう時は、この言葉を思い出してください!

それは、プラトー現象!!

今回は、プラトー現象について説明していきますね!

受験生の皆さんは、この言葉を知っているだけで視野が広がると思います☆彡



プラトー(高原)現象とは?

プラトー現象とは、学習をしていく中で、成長が停滞してしまう現象、その時期のことを言います。


プラトーは「高原」という意味です。
縦軸に、成績・達成度、横軸に学習量をとったグラフ「学習曲線」の形が高原のように見えるのでプラトー現象と言います。
プラトー現象は、誰にでも起こる現象で、この現象を知っているのと知らないのでは、メンタルに大きな差が出ます。




 

「こんなにもしてるのになぜ、伸びないのか

と思い悩むか、
それとも

「こんなにもしているけど、伸びないのはプラトー現象のせい。だから、気にする必要ない、この後伸びる!

と思えるかで、大きく変わります!
なので、思い悩んだ時には、プラトー現象という言葉を思い出してくださいね!
肩の力を抜いて、毎日のできることを大切にしていきましょう☆彡


2021年10月8日金曜日

模試の3つのメリット!

 みなさん、こんにちは、アドバイザーの米田です!




今回は、模試の3つのメリットについて伝えますね☆彡



3年生はこれから模試が多くなってきますよね。10月以降は模試が多くなってきて大変かと思いますが、
模試には、3度の学力向上チャンス

があるのをご存じですか?


模試は、とても手っ取り早く学力が上がります。

 

なのに、模試を受けたくないという声を聞きます。


理由は、“今は目標点が取れないから。受ける時間がないから。
などなどです。

それは、とてももったいないんですよね、、、

 

なので今回は、模試の3つのメリットを伝えていきますね!







 まず、

1つ目のメリット!


模試を受けるにあたって、良い点とりたいですよね!

なので、“出題範囲”や、“苦手な範囲”を受験当日までに勉強します。

そう!その行動そのものが、すでに勉強していることになるんですね!!

出題範囲を見直すだけで、忘れていた知識を思い出し、学力が向上します

 

 

2つ目のメリット!


模試本番に学力が向上!!

模試本番中は、意識が高まり、集中力が上がります。集中力を上げてトライすること自体が、学力を向上させます。

周りの受験生もおり、その中で“自分らしさ”を出すために集中力が上がります。
そのほか、新しい問題の知識も増えます。
 


3つ目のメリット!


模試後の復習!

模試を受けた後に、間違った問題、手が出なかった問題のやり直ししますよね。

そう!その行動そのものが学力を向上させます。
模試後、そのまま放置することは非常にもったいないです。模試をして一週間以内には、手をつけましょう!


 

今述べたように、模試には、3つのメリットがあり、受験する生徒としない生徒では、後になって差が出ます。

模試を活用することで、効率よく学力が上がるので、これからも模試を受けていきましょうね☆彡




2021年9月17日金曜日

力の抜き方!

みなさんこんにちは!

アドバイザーの米田です。

 

みなさん、“力の抜き方”という観点をもったことありますか?


力を抜くと聞くと、聞こえは良くないですが最近、パフォーマンスを発揮するために注目されています。


プロサッカー選手の長友選手も、心身共に、力を入れることよりも、いかに力を抜けるか、ということを大切にされています。

 

今回は、勉強時のスタンスを伝えますね!

 

好き、得意な科目は、それほどストレスはかからないのですが、

苦手な科目は、ストレスがかかります。

 

“肩に力が入っている”、 “歯を食いしばっている”

の状態です。

 

そんな時の改善方法を伝えますね!

 

それは、たくさんあるのですが今回は一つ紹介します!

 

それは、頭皮マッサージです!

 

とてもシンプルですが、効果あります!!

 

体のストレッチや、首・肩・目マッサージをされる人は多いですが、

頭皮マッサージする人は少ないです。

朝、寝る前、いつでもどこでもできます。

 

やり方はシンプルで、

 

両手のひらや、マッサージ器具で頭皮をほぐして、圧をかけるようにします。

特に後頭部は効果あります。

頭が軽くなり、“力が抜けた”感覚になります。

1分するだけでも十分です。

シトラス系のアロマオイルをつけても効果あります!

 

図のようなイメージで、全体をほぐしてください。

 




 

 

頭は、“思考・判断”をする大切な箇所にも関わらず、ほとんどの人が気にかけていません。

僕は、美容室にいく時いつも30分以上、ヘッドスパマッサージをしてもらっています。

頭は、肩、首、目と繋がっているので、頭をほぐすだけで全部ほぐれます。

頭は、体以上に大切なんですね!

 

今回は、頭皮マッサージをして、“力を抜く”ことの大切さをお伝えしました。

良かったら参考にしてくださいね!



2021年9月3日金曜日

9月の学習の大切さ!

みなさん、こんにちは!

アドバイザーの米田です!

 

みなさん、この夏休み、学習計画は進みましたか?

マナビスの受験生は、一日11時間勉強を目標に頑張っていましたよね!

お疲れ様です☆彡

そして

計画通りできましたか?

 


計画通りできた人もそうでない人も、この夏を振り返り、仕上がった分野、そうでない分野を確認し、9月からの計画を進んでいきましょう!

 

8月は受験の天王山と言うくらい大切な時期でしたが、この9月もとても大切です。

知識科目は、やればやるほど伸びるので、学校が始まりましたが、まだまだこれから伸びます。

そして、夏休みの長時間勉強の甲斐があり、みなさんには、気力、体力がついてます!

だからこそ

英語、古文の単語、数学の基礎問題で間違った箇所など、もう一度見直して、この9月進んでいきましょうね☆彡



2021年8月14日土曜日

数学の勉強方法!

みなさんこんにちは。

あべの校アシスタントアドバイザーのI.F.です。

 

本日は、

数学の勉強方法についてお話させていただきます。

 


 数学について

 

「数学はセンスだ!」

 

という考えの人が多いですよね!

 

数学は天性の才能であり、

数学をできる人は問題を見た瞬間にスラスラ解法が思いつく。

 

「だから、私にはできなくて当然だ」

 

もしかしたらそのように思っている方もいるかもしれませんが、

僕はそんなこと、一切思いません!!

 

僕は中学二年生まで数学は全くできませんでした。

そして,僕も当時は「数学はセンス」だと考えていましたし、

文系父×文系母から生まれた僕は数学なんて遺伝的にできなくて当然と諦めていました。

 

しかし、今は理系大学生として日々数学(主に統計学)を扱っています。

 

では、どのように克服したのか、それは、

 

「数学は経験だ!」

 

と考えるようになったからです。

 

 

僕は数学ができる人と苦手とする人との明確な差は「経験値」だと考えています。

 

例えば、「最大・最小問題」が出題されたとして、

皆さんはそれを解くためにどんなツールを持っていますか?

 

そのツール、ずばり、

 

     置き換えをし、2次関数に落とし込む

     三角関数の合成をし、θの範囲内で取りうるsinθ(もしくはcosθ)の値を求める

     微分して増減表(特に数Ⅲ)

     相加相乗平均を使って求める(頻度少)

 

4つです。この4つを思い浮かんだ人は完璧です。

 

例えば、「ある三角関数の最大・最小を求めよ」という問題が出題されたとしましょう。

 

経験値がある人なら、

「合成して解けるかな」「置き換えてn次関数として解けるかな」「さては微分??」

と方針を立てることができます。

 

しかし、このような経験が無い人は、

問題を目の前にして何も手出しができません。

 

「こういう公式、定理を知っているから使ってみよう」

「あのときこういう解き方をしたからこうしてみよう」

という経験があるから方針が立つわけで、

決して神様が「こうしたらいいよ♡」とささやくわけではありませんし、

持ち前のセンスによってこの解法を生みだせるわけではありません。

 

 

数学が苦手だった、

言い換えると、数学の経験値が足らずに問題を解くことができなかった僕は、

問題演習を重ねることで経験値が蓄積され、

いつしか数学が得意科目になっていました。

 

ここからは、個人的にオススメな数学勉強法をピックアップします。

 

オススメ勉強法その①「答えを横において解く」

解いたことのない問題は解くことはできません。

 

ですが、なぜか数学になると毎回答えを見ずにテスト形式のように問題演習をする方が多く見受けられます(僕もそうでした)。

 

大事なことなので繰り返しますが、数学は、経験、です。

 

二次試験を控えた12月でしたら頭をこねくり回して悩んで方針を立てるという練習も必要ですが、

今の時期でしたら分からない問題に出くわしたら潔く答えを見てしまいましょう!

 

その上で、問題の方針・使う公式を理解し、

経験値を蓄積させることに努めましょう。

 

オススメ勉強法その②「図・表を大きく描く」

「百聞は一見に如かず」というように、

図や表を描くことで「視覚効果」が得られ理解がより容易になります!

 

関数のグラフはもちろん、数Aやベクトルといった図形問題、さらに場合の数、確率、数列といった分野でも、図や表、イメージ図を必ず描きましょう。

 

描いてみることで、なにか見えてくることがあるかもしれません。

 

また、図表は大きく書きましょう。これめっちゃ大事です。

 

数学オススメ勉強法その③「同じ問題を何回も解く」

これは数学に限った話ではないですが、

複数の参考書を使って幅広く問題をカバーしようと考える方が見受けられます。

 

もちろん、その方法だとたくさんの問題と出会えてラッキーではありますが、

どちらかというと少数精鋭の問題を狭く深くと固める方が効果的です。

 

沢山の問題をカバーすること、

それは言い換えると「広く浅く」に陥ってしまいます。

 

「広く」には何ら問題ないですが、

「浅く」には「解答を見ずに最後まで完璧に答えられる問題が少ない」といった弊害があります。

 

一つの問題集を「完璧に」できるまで「同じ問題を何回も解く」ことをおすすめします。

 

また、マナビス生におすすめの教材は、

もちろん「マナビスの教材」です!

 

ここに登場する問題は、

河合塾講師陣が激選した受験対策問題なので良問揃いですし、

分からないときは何度でも視聴することができます。

 

こんなにいい問題集は他にありません!!

 

一問に対し、答えを見ずに最後まで解くことができたら完璧だと考えて大丈夫です。

 

 

以上、長々と語ってしまいましたが、

これを読んでいただいたみなさんが数学ともっと仲良くなっていただけたら嬉しいです(*^^*)



  こんにちは、校舎長の鈴木です。   明日はいよいよ共通テストですね。   今までの努力は必ず報われます!   今日は早く休んで明日に備えて下さいね♪   校舎からスタッフ一同応援しています!!